不動産売却を神戸周辺で希望されている方々の様々な疑問に丁寧にお答えいたします

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

よくある質問

様々な疑問を解決するヒントをご紹介しております

Q&A

不動産に関する疑問にQ&A形式でお答えしております

新しい生活を始めるにあたって現在所有している不動産を売却したいとお考えの際や、ご親族から受け継いだ不動産が管理できなくなってしまい手放したいとお考えの場合などに最適なご提案ができます。神戸を中心に、その周辺地域での不動産に精通したプロフェッショナルが、現在お客様が抱えているお悩みを解消し、思い描かれている状態が現実のものとなるよう全力でサポートいたします。
よくお寄せいただいている様々な不動産に関するご質問にお答えしております。


よくある質問

FAQ

家を売ってから別の家を買ったほうがいいのですか?
メリットは、売る時期が確定することで買い換える物件の予算が決まることに加え2重ローンなどの余計な出費も防ぐことが出来ます。
デメリットは 、今購入を検討している物件を買い逃す可能性があります。
もしも売れなかったら、何か費用がかかるの?
一切かかりません。
お客様の不動産が売れなかった場合、また、なんらかの事情により売却を中止した場合であっても、仲介手数料やその他の費用は、一切かかりません。
不動産会社によって査定額って違うんですか?
会社によって査定額が違うことはあります。
一般に大手企業様ほど、査定額は比較的高く出す傾向がありますが、相場感より高い査定額は、売却を遅らせることもあり、一概にいいとは言えません。
熟練の鑑定眼やノウハウがある会社の信頼できる営業マンを選ぶことが安心できる査定を受けるための重要ポイントとなります。
住んでいる物件でも訪問査定はできるのでしょうか?
現在お住まいになっている物件でも、訪問査定は可能です。
訪問査定に必要なものはありますか?
可能であれば、訪問査定される物件の購入時にあったであろう書類をご用意ください。パンフレットなども含め、お手元にある物だけで結構です。
ない場合でも訪問査定は可能ですので、お気軽にご相談ください。
住宅ローンの残りがあっても大丈夫ですか?
大丈夫です。
もっとも多くの方が心配する問題ですが、一般に住宅ローンの残債は、売却した代金で返済しますので、特別に資金を用意する必要はありません。
また、銀行に対しての手続きの調整も、当社のスタッフがおこないますので、ご安心ください。
土地の形や地形は査定額に響きますか?
はい、響きます。
地形は傾斜がなく平坦であり、形が正方形や長方形になっているものが望ましいとされています。正方形や長方形でない土地は、不整形地と呼ばれ、評価額に影響を与える可能性があります。
最も評価が高い地形は、高低差がなく正方形に近い形のもので、さらに道路(2m以上、公道又は私道)に接しているものが最良の地形とされています。

住み替えによりお住まいを売りたい場合や活用されずに放置されている土地や建物を売りたい場合など、不動産を売るためのお手伝いをいたします。大きな金額が動く不動産に関することは、思い立ってすぐに行動に移すということに不安を感じることもございますが、20年以上に及ぶ経験がある不動産のプロフェッショナルが在籍し、連携している各専門家も揃っておりますので安心です。特に、誰にも使われていない空き家を所有されている場合には、早めのご相談がお得です。
現在進行形で空き家の数は増えており、国や自治体の空き家に対する取り組みが強化されていった場合、売り物件同士の競争が激しくなり、買い手が付きにくくなるという状態が予想されます。そのような状態に迅速に対応できるよう、経験を活かしたご提案をし、バックアップいたします。不動産を売りたいとお考えの方々からよくお寄せいただいているご質問に、Q&Aでお答えしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。