売却あるある(5) よくある商談の入り方

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

売却あるある(5) よくある商談の入り方

売却あるある(5) よくある商談の入り方

2020/12/23

物件の反響が昨日まで全くなかったのに、急に内見希望が重なる時が、よくあります。

「2年間売れなかった土地が、同タイミングで2件商談が入った。」や

「全く反響がなかったのに、急に内見が入りだした」は

日常的によくあります。

人が人を呼ぶというか、実際2週間前も 東灘区の物件で30分差で商談を入れられてしまったことがありました。

同一の商談内容でしたら、早いもの順。条件が違う場合は、いくら早い交渉権を得ても、条件がいい方に繰り上がっていく。

そんな感じです。

ですから、私たちは現場でその潮目を感じて、今がこの物件の売り時と判断すると、集中して営業活動を行ったりもします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。