神戸周辺 不動産倍葉百景(48) 不動産営業マンの日常(12)

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

神戸周辺 不動産売買百景(48) 不動産営業マンの日常(12)

神戸周辺 不動産倍葉百景(48) 不動産営業マンの日常(12)

2021/05/07

住宅ローンの仮審査を行うのと同時に物件調査を行います。これは住宅ローンと同じで大切な業務です。

物件調査の主な内容は 法務局に行き謄本 公図 測量図 建物図面を取得します。

次に 物件のある市役所に赴き、用途地域図から都市計画図の取得 前面道路の調査 

上下水道の埋設図の取得 記載事項証明書の取得 ガスであれば大阪ガスに埋設図面の申請

そして その資料を基に現地調査です。 境界の有無 外観を目視して中古戸建ての場合であればクラック等の損傷がないか 隣地から越境物は出ていないか などなど多岐に渡ります。

そして、契約前に説明をする重要事項の作成を行っていきます。

この調査の中で1つでも書類に不備があったも重要事項は作成ができません。

ですから「ついうっかり」はできません。その状況下が判明した場合、例えば明日が契約であるとしても、延期をしてでも調査と作成には時間をかけます。

そして、契約書の内容もすべて作成をしていきます。

空き家問題 相続相談 一般媒介はアイホームへ!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。