査定方法の一つの基準

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

査定方法の一つの基準

査定方法の一つの基準

2020/11/27

一概に物件査定といいますが、一番のポイント。それは物件の前の道の広さと間口の広さです。

建築基準法上の定めによりますと、前面道路の幅員が4m以上、間口が2以上接道していなければ、工作物は建てることができません。

しかしながら、4mの道は片方通行しかできません。ストレスなく対面通行をするには6mの広さが必要となります。

また間口2mといえば、車は入ってもドアはあきません。片方のドアが開くのに2.3mは必要です。

運転席と助手席両方共が開閉するには3mが必要となります。

つまり、買う人がこの物件が欲しいというお話になるかならないから、敷地条件が大きく左右されるということです。

続きは後日。。。

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。