売却あるある(3) 残置物

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

売却あるある(3) 残置物

売却あるある(3) 残置物

2020/12/19

引っ越して空き家にしてから販売する。これが一番いい方法です。

なぜなら、タンスの裏の壁に穴が開いていた。バスマットの下が腐食していた。等実際にモノがある状態で内見した場合、そんなことがあるなら言って欲しかった。というところから紛争が生じるケースも見受けられます。

しかしながら、売主様からすると、引っ越ししたけど物が入らないからとりあえず、現宅にモノを置いておきたいとおっしゃる方も多いのが現実です。

業者の本音はきれいに無くしてほしい。ですが理由から、置いておく場合もございます。

これが残置物です。

残置物は動産と言って、不動産ではありません。基本的に動産はすべて売主様で撤去が原則となります。

しかしながら、昨年クーラー買ったとかでしたら、捨てるのが勿体ない。そう考えるのもわかります。

そういったケースの場合買主様にお聞きして、使用される場合はそのまま引き受けてもらう事もございます。

ケースバイケースですので、質問があればいつでもご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。