オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

神戸周辺 不動産売買百景(18)夫婦そろっていいねというぶっけんとは

神戸周辺 不動産売買百景(18)夫婦そろっていいねというぶっけんとは

2021/02/21

これは、あくまで私の私見によるものですから、参考にしてください。

新築でも 中古でも マンションでも 土地でも どれをとってもご夫婦で住まいを考えたときに意見の相違というものがおきます。

これは、一重にご自身の生まれてきてからの環境が大きく関与していると思います。

簡単に申しますと、今まで住み慣れてきた土地柄。。。

それは実家。

 

私は、初めてお会いする方に間違いなく聞くのは、「ご実家はどちらですか」という質問。

この質問から、お二人が同じような環境で育ってこられましたら、共感する部分は近いです。

特に神戸の場合は坂があります。また、古い街並みと、西神のようなニュータウンがあります。そこで出てくるのは、道の広さ。ロケーション。

この中で一番気にするのが、私は坂道と目的物までの、幹線道路からの道の広さです。

道が狭く、生活用の交差点が多いエリアであれば、子育てをしている方でしたら、買い物をして、子供さんを自転車に乗せて、家までの帰路を延々と帰るような立地であれば、不安が付きまといます。

しかし、そんな場所で長年住まわれていれば、それがその方の日常のため、左程気にならないかもしれません。

また、坂道の途中に実家がある方なら、坂は平坦地位に思っている方もおられます。

ということは、人それぞれの違う「いい」の妥協点を探していく作業が必要となります。

不動産業に入りたての頃先輩によく言われました。「同じ道を通って帰るな」と。

要は生活圏の道を熟知していれば、お客様のご希望エリアで、二人が「いいね」と仰ってくださる立地が分かってきます。

日常生活の上で、ご自身のルーツから新しい住まいを探す。これが、遠回りのようで近道なんです。

神戸周辺で、空き家売却 相続物件の相談 一般売却等ございましたら、アイホームまで!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。