査定方法とその基準2

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

査定方法とその基準2

査定方法とその基準2

2020/11/29

前回の話の続きです。

査定基準の1つに前面道路の広さと、間口(接道)の広さについてお話をしました。今回はその2回目です。

前回、前の道路の幅についてお話をしましたが、今回はその道路の種類です。

道路には所有者がいます。これが、市 県 国となっていわゆる公道というものです。

反対に所有者が個人というものも多数存在し、いわゆる私道というものです。

同じ道でも2種類存在し、ここで取り扱いの注意が私道です。

建築基準法上4m以上の道路に間口2mがあれば建築は可能です。

しかし、ライフライン(上下水道 ガス)が建築予定の宅地に入っていない場合、前面道路所有者の掘削の同意が必要となります。

この同意が取れない場合は、建築はできても現実には生活することはできません。

また、通行権の問題も私道の場合絡んでくるケースもあります。

では続きは次回にお話しします。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。