売却あるある(14)住み替え編(9)

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

売却あるある(14)住み替え編(9)

売却あるある(14)住み替え編(9)

2021/01/09

タイトル

サブタイトル

前回は、買主様が本ローンの承認が取れるまでは、白紙解約の危険性があるとお伝えしました。

今回は無事に、買主様のローン審査も通ったという設定から進めてまいります。

買主様の融資承認が無事に下りれば、売主様は何をするか。

ズバリ、引き渡しの準備です。

具体的には、売主様も住宅ローンを利用されている場合がほとんどです。

ですから、住宅ローンの完済の準備に入ります。

これを、抵当権の抹消手続きに入るといいますが、簡単に言いますと、住宅ローンを借りている銀行に〇月〇日に完済したい旨を伝えます。

すると、銀行側は抹消手続きに入りますが、この時間は約通常営業日で7日から10日かかりますので、実際には、引き渡し日の2週間前までには銀行に連絡をしなければなりません。

昨年はコロナ禍で抹消に3週間を要する銀行もありました。

状況が刻々と変わりますので、不動産仲介会社は契約に入る前に、売主様に説明をし、売主様から銀行に抹消手続きに必要な時間を確認してもらう必要があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。