神戸周辺 不動産売買百景(28)中古戸建て 軽量鉄骨のの家ってどう?

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

神戸周辺 不動産売買百景(28)中古戸建て 軽量鉄骨の家ってどう?

神戸周辺 不動産売買百景(28)中古戸建て 軽量鉄骨のの家ってどう?

2021/03/13

建物の構造にはいろいろございますが、戸建ての場合一般的に多いのは木骨。木造です。

次に多いのは軽量鉄骨造です。大手のハウスメーカーでは軽量鉄骨造は多いですね。

ここで、メリットデメリットというものが存在します。

リフォームという観点から考えると、木骨造は、柱 筋交い ボードで部屋をこしらえていきます。リフォームをする場合、特に間取りを変更する大規模リフォームの場合は柱を残し耐力壁を設けなければなりませんので、木骨で大空間を作るのは不向きです。

軽量鉄骨の場合は大空間は作れますが、構造体を一体とみなすので、壁を取るとか、間取りそのものを変化させるという事には不向きです。

どちらのお家も、メンテナンスさえしっかりと行えば40年50年は住めますよ。

木骨の場合はやはり、木質の腐食には気を付けましょう。軽量鉄骨の場合は錆には気を付けましょう。どちらの家も湿気は大敵です。

また、住宅ローン控除の適用内容からすると、木骨も軽量鉄骨も築20年までの物件は適用となります。様々な要件がありますので一概に言い切ることはできませんので、詳しいことをお聞きなりたい場合は、ご連絡をください。

 

空き家問題 相続相談 一般売買は アイホームへ!!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。