住宅ローン控除で返ってくる金額とは?

オフィシャルサイトへ お問い合わせはこちら

住宅ローン控除で返ってくる金額とは?

住宅ローン控除で返ってくる金額とは?

2021/03/12

住宅ローン控除は毎年、年末のローン残高の1%を上限に税金が控除される制度ですが、控除される額はローンを組んでいる方の収入状況(税金をいくら払っているか)によって異なります。

例えば、Aさんの場合・・・(年収480万円 / 所得税:11万円 / 住民税:14万円)

年末の住宅ローン残債額:2,800万円

控除可能上限額:2,800万円×1%=28万円

 

上記のようなケースの場合、まず所得税の11万円が控除されます。

上限額の28万円まで17万円の余力があることになります。

この場合、住民税からも控除されるのですが、住民税から控除される上限額は136,500円となっております。

Aさんは住民税を14万円支払っているので、上限額の136,500円が控除されることになります。

11万円(所得税)+136,500円(住民税)=246,500円

28万円(控除可能上限額)と246,500円(Aさんの控除可能額)を比べて低いほうが適用されますので、246,500円が控除額となります。

 

あと33,500円控除可能なので、少し勿体ないですよね。

奥様がお仕事をされている場合は、夫婦でそれぞれローンを組むことによって住宅ローン控除の恩恵を最大に受けることが出来ます。

詳しく知りたい方は是非一度ご相談ください。

 

 

 

不動産の購入・売却・空家・相続のご相談は是非アイホームまで!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。